ビジネスに貢献する動画を制作するために!動画制作で失敗しないためのコツなどをお話します!

現代は誰もがパソコンを使いこなし、一人一台のスマートフォンを持ち歩く時代になっています。
パソコンやスマホからは簡単の電子決済やクレジット払いで買い物することが可能となっており、そこで販売を行えば成功する可能性も広がり起業家にとってはビックチャンスの到来と言っても過言ではありません。
だが競争も激しく、物販やサービスを販売するのに動画作成なども欠かせなくなってきてます。
そこで当サイトではビジネスに貢献してくれる動画制作で失敗しないコツをご紹介します。

ビジネスに貢献する動画を制作するために!動画制作で失敗しないためのコツなどをお話します!

ビジネスに大きく貢献してくれる動画制作で失敗しないコツは、やはり誰もが見てみたいと思うクオリティの動画を制作することです。
出演するモデルや女優が美しかったり、信頼のおける有識者を出演させるなどの工夫が必要です。
さらに動画制作では万人にとって有益な情報を流して揚げることも大事なんです。
利益や売り上げを度外視し消費者に向けた信ぴょう性の高い有益情報を流すことで、ファンがついたりSNSでその動画を拡散してくれることになるので、そこから大きな売り上げに結びつくようになるからです。

動画制作前に明確にしておきたい目的

動画を作ることにしたけれど何をテーマにしているのか明確にできず、メッセージ性がまったくない作品になってしまった経験がある人は、まずは目的を明確にすることを推奨します。
新商品をするために動画制作を依頼するのなら、商品を売りたいメインターゲットの年齢層に合わせて動画の内容を決めてください。
説明書や教育研修用の動画を作る際には内容の覚えやすさを重視して、余計な情報を入れないように意識することも重要です。
教育研修で使うためのコンテンツを作るという明確な目的を持っておくことで、文字が読みにくい動画にならないように気を付けながら動画の内容を決められます。
広報活動のために動画制作を始めるのなら、親しみやすさを重視して可愛いイラストやアニメーションを活用するのもおすすめです。
何のために撮影や編集作業を行うのか考えておかないと、情報を受け取る側に何を伝えたいのか明確にできず、期待するような宣伝効果を得られない可能性もあるので気を付ける必要があります。

動画制作のスケジュールを立て納期を明確化

動画制作のスケジュール調整をしっかりと立てていくことも重要であり、安心感を持って準備を行っていけるようにする事も大事なポイントです。
動画制作をスケジュール通りに進めていけるように考えていき、納期を明確化することはトラブルを避けるためにも重要になります。
スケジュールに遅れが生じてしまうと、イベントや会議など、大切な日に動画が間に合わなくなってしまう可能性があります。
自分で編集ソフトを使って動画を作る方もいますが、思うように作品が完成しないこともあります。
トラブルが起こらないようにするためにも、プロに相談をすることで確実に作業を行ってもらえます。
スケジュールに関することも教えてもらいながら、納期を明確化させていくこともできるようになるため、安心です。
トラブルを避けるためにもしっかりと準備を行っていくことが必要になります。
定期的に動画制作の進み具合を報告してくれるなど、安心して対応できる業者選びは重要です。

動画制作に取り掛かる前にターゲットを決定

動画制作のやり方は人によって様々なスタイルがありますが、本気で取り組むならまずはターゲットの決定が重要ではないでしょうか。
動画制作におけるターゲットというのは作品を見てもらう対象のことで、具体的には特定の性別と年齢や趣味趣向などの要素を持つ人物像だといえます。
マーケティング的にはいわゆるペルソナを設定して、視聴者像を明確にしつつ動画制作に入るケースが多いです。
誰向けの作品をどのように作っていくか、そこが定まらないと上手くいきませんし、軸がブレて最終的に誰の為の作品か分からないものになってしまいます。
動画制作は、見てくれる相手を意識することで初めて方向性がハッキリと見えたり、モチベーションが上がりクオリティをアップさせたくなります。
見てくれる人がいるから頑張れる、そういう意識で取り組むことが成功の鍵をにぎるので、やはりペルソナを設定してから制作に入ることが、合理的かつ成功率を上げるコツになるのではないでしょうか。

クオリティに直結する動画制作に使用する機材

動画制作に必要な機材は沢山ありますが、やはりクオリティに直結する為、選び方や使いこなしが重要になってくるといえるのではないでしょうか。
カメラが特に重要なのはいうまでもないですが、具体的には高解像度の4Kに対応していたり、4Kでも60fps以上の撮影ができるものが狙い目です。
ただ、いくら高性能でも使いこなせなければ意味がありませんし、予算が限られていて一点豪華主義になってしまうのは本末転倒です。
カメラの性能を引き出すには照明も重要で、シーンを作るのに役立つ照明機材にもコストを掛けたいところです。
動画制作といえば編集が鍵を握りますから、編集作業に用いるパソコンにもコストを掛けることが大事です。
処理が遅くて作業の反映が遅いとイライラしてしまうので、編集が即座に反映されるハイスペックのパソコンを用意することをおすすめします。
動画制作は結局のところ、素材を撮影するカメラや照明、素材の編集に使うパソコンのいずれも大切で、クオリティに直結することが共通点となるのではないでしょうか。

著者:小山田和正

筆者プロフィール

静岡県富士市生まれ。
専門学校で動画制作を教える講師。
今回は動画制作で失敗しないコツを記事にまとめました。
福井 動画制作